推進事業

消費者環境教育

消費者環境教育とは

消費者環境教育とは、地球温暖化など様々な環境上の制約及び、資源エネルギー制約を克服し、持続可能な社会を実現するために、環境に配慮した消費活動を促すためのスキルを身につける教育です。

自分の生活行動・ライフスタイルが自分の周囲の環境、地球の環境に(良くも悪くも)影響を与えているということを学ぶことによって、自分とは無関係に思える海外の人々のこと、将来生まれてくる人々のこと、人間だけでなく地球に生きているほかの生物や生態系のことを考えるようになります。

それが、持続可能な社会を考え、つくることにつながっていくのです。

(社)未踏科学技術協会では、グリーン購入ネットワーク、(社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会の協力を得て、経済産業省委託による「消費行動における意識向上のための環境教育に関する調査事業」を平成17年度、18年度に実施しております。

本ホームページおよびここで提供される資料等の管理は、(社)未踏科学技術協会消費者環境教育リソースセンターが執り行っております。