超伝導科学技術研究会
Forum of Superconductivity Science and Technology
出版物

 2016年度会誌
 2015年度会誌
 2014年度会誌
 2013年度会誌
 web公開中
 2012年度会誌
 web公開中
 2011年度会誌
 web公開中
 2010年度会誌
  web公開中
 2009年度会誌
 2008年度会誌
 2007年会誌
 2006年会誌
 2005年会誌
 2004年会誌
 過去の会誌
 講演会資料

講演会資料


超伝導科学技術研究会では過去に行われた下記のワークショップ・シンポジウムの講演資料(在庫のない場合はコピー)を販売しております。御興味のある方は事務局まで連絡下さい。なお、資料代として2000円+送料がかかります。

2011年度
第37回シンポジウム テーマ:「超伝導2011 −新たな100年の幕開け−」

2010年度
第77回ワークショップ テーマ:「極限を測る超伝導技術の最前線」
第76回ワークショップ テーマ:「省エネ・低炭素社会を目指す取り組みと超伝導」
第75回ワークショップ テーマ:「超伝導線材オールスターズ −開発・応用動向と高性能化の可能性−」

第36回シンポジウム テーマ:「超伝導2010 −超伝導の新たな可能性へ−」

2009年度
第74回ワークショップ テーマ:「高温超電導機器の冷却技術」
第73回ワークショップ テーマ:「最先端医療で活躍する超伝導技術とその未来展開」
第72回ワークショップ テーマ:「超電導材料と先端ナノ材料における自己組織化」
第35回シンポジウム テーマ:「超伝導2009 −使われる超伝導の時代へ−」

2008年度
第71回ワークショップ テーマ:「鉄系高温超伝導誕生から1年、新超伝導物質の可能性を探る」
第70回ワークショップ テーマ:「超伝導で自然エネルギーを使いこなそう」 
第69回ワークショップ テーマ:「超伝導の将来ビジョン −30年後までを語る−」
第34回シンポジウム テーマ:「超伝導技術の発展と拡がり−ヘリウム液化100年を記念して−」

2007年度
第68回ワークショップ テーマ:「超伝導実用化に向けた冷凍機の課題」
第67回ワークショップ テーマ:「SMES 開発の現状と負荷変動補償」
第33回シンポジウム テーマ:「二十歳を迎えた高温超伝導」

2006年度
第66回ワークショップ テーマ:「超伝導で極限を測る」
第65回ワークショップ テーマ:「新分野を拓く高磁界・大容量超伝導線材」
第64回ワークショップ テーマ:「新規超伝導物質の開発と室温超伝導への期待」
第32回シンポジウム テーマ:「超伝導科学技術の“いま”と“これから”」

2005年度
第63回ワークショップ テーマ:「超伝導線材の微細組織制御と高Jc化」
第62回ワークショップ テーマ:「超高感度磁気センサSQUIDを用いた実用システムの開発」
第31回シンポジウム テーマ:「躍進する超伝導技術」

2004年度
第61回ワークショップ テーマ:「超伝導体の電力応用と機器開発の現状」
第60回ワークショップ テーマ:「SFQ(単一磁束量子)回路はブレークスルーとなり得るか」
第59回ワークショップ テーマ:「最新の新超伝導体探索研究」
第30回シンポジウム テーマ:「未来を拓く超伝導」

2003年度
第58回ワークショッ テーマ:「超電導応用と冷凍・冷却技術」 -資料無し
第57回ワークショップ テーマ:「進むMgB2超伝導体の線材化研究」
第29回シンポジウム テーマ:「超伝導の夢 −脚光をあびる超伝導のフロンティア−」

2002年度
第56回ワークショップ テーマ:「ビスマス系線材の新展開―Jcの一桁向上を目指して」
第55回ワークショップ テーマ:「超強磁場NMR装置の開発とNMR計測結果」
第54回ワークショップ テーマ:「実用NbTi超伝導線材の市場動向」
第28回シンポジウム テーマ:「超伝導の夢 −チャレンジする最先端の研究者たち−」

2001年度
第53回ワークショップ テーマ:「新金属系超伝導線材の研究開発の進展」
第52回ワークショップ テーマ:「単一磁束量子が拡げる極限情報処理の世界」
第51回ワークショップ テーマ:「超伝導電力応用電力機器の開発  −ここまできた超伝導応用電力機器−」
第50回ワークショップ テーマ:「超伝導薄膜技術の進展とエレクトロニクス応用 −マイクロウェープ用部品を中心として−」
第27回シンポジウム テーマ:「夢 −21 世紀の超伝導−」

2000年度
第49回ワークショップ テーマ:「次世代高温超伝導線材の開発−Y123線材の長尺化に向けて−」
第48回ワークショップ テーマ:「超伝導磁気分離に関するワークショップ― 環境改善と資源循環利用 ―」
第26回シンポジウム テーマ:「開かれる超伝導社会の扉 −新世紀に期待される技術の萌芽−」