超伝導科学技術研究会
Forum of Superconductivity Science and Technology
出版物

 2016年度会誌
 2015年度会誌
 2014年度会誌
 2013年度会誌
 web公開中
 2012年度会誌
 web公開中
 2011年度会誌
 web公開中
 2010年度会誌
  web公開中
 2009年度会誌
 2008年度会誌
 2007年会誌
 2006年会誌
 2005年会誌
 2004年会誌
 過去の会誌
 講演会資料

2006年度会誌(No.109 - No.112)


超伝導科学技術研究会では過去に発行した下記のFSSTnews(在庫のない場合はコピー)を販売しております。御興味のある方は事務局まで連絡下さい。なお、資料代として3000円+送料がかかります。
No.112                                       
<年頭所感>
 年頭のご挨拶
超伝導科学技術研究会会長/東海大学  太刀川 恭治

<トピックス1>
 空間反転対称性の破れた重い電子系超伝導
大阪大学  大貫 惇睦

<トピックス2>
 液体窒素蒸発法による高温超電導コイルの交流損失測定
九州電力会社(株)  岡元 洋


<第10回超伝導科学技術賞を受賞して>
 液体窒素冷却全超電導モータの開発
石川島播磨重工業(株)  竹田 敏雄


<会議報告>
 超伝導科学技術研究会 第64回ワークショップ報告
 超伝導科学技術研究会 第65回ワークショップ報告
 ISS2006 会議報告
  (1)デバイス
  (2)線材
  (3)物理・化学
 第75回2006年度秋期低温工学・超電導学会
No.111                                       
<授賞発表>
 第10回「超伝導科学技術賞」発表
 (1)「第10回超伝導科学技術賞」の選考に当たって
選考委員会委員長  太刀川 恭治

 (2) 受賞者、授賞テーマと授賞理由


<トピックス1>
 全終端カーボンナノチューブにおける超伝導
青山学院大学  春山 純志

<トピックス2>

 ISD法Dy-Ba-Cu-Oテープ材の臨界電流の歪特性
岩手大学  片桐 一宗

<トピックス3>

 電子顕微鏡搭載用のマイクロカロリーメータ型X線分析システムの開発
エスアイアイ・ナノテクノロジー(株)  田中 啓一


<第10回超伝導科学技術賞を受賞して>

 (1)磁気共鳴(NMR)からみた超伝導発現機構

 日本原子力研究開発機構  安岡 弘志

 (2)高温超伝導線材の臨界電流特性の解明:
   パワー応用のための基盤技術確立を目指して
九州大学  木須 隆暢

 (3)SQUID応用研究の進展

(独) 産業技術総合研究所  葛西 直子

(4) 小型冷凍機冷却ハイブリッド・マグネットの開発

東北大学  西島 元


<会議報告>
 超伝導科学技術研究会第32回シンポジウム
 International Cryogenic Materials Conference (ICMC)
 ASC2006 Applied Superconductivity Conference
  エレクトロニクス
 第67回応用物理学会学術講演会
 日本物理学会2006年秋期大会
No.110                                       
<トピックス1>
 YBCO超電導線材の銀安定化層を用いた拡散接合
                         超電導工学研究所  加藤 順子

<トピックス2>
 フラストレート磁性体の巨大電気磁気効果
                         東北大学  有馬 孝尚

<トピックス3>

 高性能Bi系高温超電導線:第3世代高温超電導線

住友電気工業(株)   佐藤 謙一


<会議報告>
 ICC14会議報告
 第74回春期低温工学・超電導学会報告
No.109                                       
<トピックス1>
 プルトニウム化合物の超伝導と電子状態
(独) 日本原子力研究開発機構  芳賀 芳範

<トピックス2>
 走査SQUID顕微鏡によるYBCO/IBAD線材内の通電電流の可視化
                                   九州大学  井上 昌睦

<トピックス3>
 SFQ回路内における界面改質型接合の臨界電流密度分布の改善
 超電導工学研究所  若菜 裕紀


<会議報告>
 ナノテクバーチャルラボ超伝導関連領域横断ジョイント国際ワークショップ
 超伝導科学技術研究会第63回ワークショップ
 日本金属学会2006年春期(第138回)大会
 平成18年春季応用物理学会
 日本物理学会第61回年次大会