超伝導科学技術研究会
Forum of Superconductivity Science and Technology
イベント情報

2017年
第92回ワークショップ
第43回シンポジウム
第91回ワークショップ

過去のイベント
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

 この10年余の間、従来のNb-Ti、Nb3Snなど金属系超伝導線材に、銅酸化物、MgB2を用いた超伝導線材が実用材料に加わり、さらに鉄系超伝導体も線材化が試みられるようになりました。このように超伝導線材の多様化が進み、それぞれの特徴を生かした応用が検討されているなか、磁場中での臨界電流特性改善を目指した研究も活発に続けられ、超伝導材料における磁束ピンニング現象、ピンニングの強化方法などの理解が着実に深まっています。さらに、線材の製造技術の向上に伴って、ピンニングに関する基礎研究成果を材料機能に反映させやすくなってきています。この背景のもと、今回のワークショップでは超伝導材料、特に線材における臨界電流特性の一層の改善方法をピンニングの面から考察することといたしました。基礎研究から材料開発、さらに応用研究に携わる幅広い立場の方々にお集まりいただき、最新のピンニングの情報を共有し議論を深めることを狙っています。 
多くの皆様のご参加をお待ちします。

協賛 :公益社団法人 低温工学・超電導学会
日時:平成29年3月1日(水)13:30〜17:00
場所:化学会館 6F 大会議室
   〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 TEL 03-3292-6161

定員:60名 

 プログラム(案)

13:30 - 13:40 開会の挨拶
超伝導科学技術研究会会長 / 青山学院大学   下山 淳一
13:40 - 14:30 「金属系〜酸化物超伝導体における人工ピン」
九州工業大学     松本 要
14:30 - 15:10 「照射欠陥導入によるピンニング特性制御」
東京大学   為ヶ井 強
15:10 - 15:20
休憩
15:20 - 15:50 「MOD法Y系線材におけるピンニング」
成蹊大学   三浦 正志
15:50 - 16:20 「PLD法Y系線材におけるピンニング」
フジクラ   藤田 真司
16:20 - 16:50
「MgB2におけるピンニング」

物質・材料研究機構   熊倉 浩明
16:50 - 17:00 閉会の挨拶                        
未踏科学技術協会 理事長  木村 茂行


■ 参加費および資料代


参加費
資料代
超伝導科学技術研究会会員
無料
2,000円
未踏科学技術協会会員
2,000円
2,000円
協賛学会
4,000円
2,000円
学生
無料
2,000円
一般
5,000円
2,000円

■ お申し込みは、下記より。




詳細

■ 問い合わせ先

一般社団法人 未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会

担当:金子

Phone: 03-3503-4681  Fax: 03-3597-0535

e-mail: fsst★sntt.or.jp    ★は@に変えて下さい


<会場> 

公益社団法人 日本化学会 化学会館 6階 大会議室

    〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5

    TEL:03-3292-6161 

    最寄り駅:

    JR中央線・総武線 御茶ノ水駅下車 西口より徒歩3分

    地下鉄丸の内線 御茶ノ水駅下車  徒歩4分

    地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅下車 B1出口より徒歩5分