超伝導科学技術研究会
Forum of Superconductivity Science and Technology
イベント情報


2015年
第86回ワークショップ
第41回シンポジウム
第85回ワークショップ
第2回超伝導セミナー

過去のイベント
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年


 
2027年の開通を目指して計画が進行している超電導リニアや核磁気共鳴によって人体の
断層写真を鮮明に映し出すMRIなど、超伝導技術を用いた様々な応用機器が身近になり
つつあります。これらの機器には超伝導線材を用いた超伝導マグネットが欠かせませんが、
今のところほとんどが金属系超伝導線材によるものです。
次世代の線材として期待されている高温超伝導材料がとってかわる日がくるのか?
本ワークショップでは、国内外の高温超伝導線材メーカーの方たちに開発の現状をお話し
いただくとともに、身近な応用例として、高温超伝導材料を用いたNMR技術に焦点をあて、
ご講演をいただきます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

主催:一般社団法人 未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会
    公益社団法人 応用物理学会 超伝導分科会


日  時:平成27年7月27日(月)13:30〜18:00
場  所:全日通霞が関ビルディング 8階 大会議室B 
〒100-0013 千代田区霞が関3-3-3  TEL 03-3581-2261

定員 :120名

 プログラム(案)

13:30 - 13:35 開会の挨拶



13:35 - 14:10 IDI-BSCCO線材
林 和彦(住友電気工業株式会社)
14:10 - 14:45 REBCO線材(1)
飯島 康裕(株式会社フジクラ)
14:45 - 15:20 REBCO線材(2)
福島 徹(SuperPower/古河電工)
15:20 - 15:35
休憩
15:35 - 16:10 REBCO線材(3)
Seung-Hyun MOON(SuNAM CO.,LTD.)
16:10 - 16:45 SuperOx: Current status and prospects of production, research and
application of coated conductors
Sergey Lee(Super Ox Japan合同会社)
16:45 - 17:20 高温超伝導NMR開発に向けた課題(仮)
柳澤 吉紀(理化学研究所)
17:20 - 17:55 高温超伝導NMR装置の開発
末松 浩人(JEOL RESONANCE Inc.)
17:55 - 18:00 閉会の挨拶


■ 参加費および資料代



参加費
資料代
超伝導科学技術研究会会員
無料
2,000円
応用物理学会・超伝導分科会
会員
2,000円(資料代込み)
未踏科学技術協会会員 3,000円(資料代込み)
応用物理学会会員・協賛団体
会員
3,000円(資料代込み)
一般 4,000円(資料代込み)
学生
無料
2,000円


■ お申し込みは、下記より。





詳細

■ 問い合わせ先

一般社団法人 未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会

担当:金子

Phone: 03-3503-4681  Fax: 03-3597-0535

e-mail: fsst★sntt.or.jp    ★は@に変えて下さい