研究会

磁性材料研究会21

イベント

調査研究
「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」

第2回公開研究会 「車載EPS、センサとフェライト磁石」

【開催趣旨】

次世代自動車への変化のキーワードは「電動化」、「自動化」及び「コネクテッド化」であるが、現状の自動車においても「電動化」の浸透は大きい。現状の電動化を支えるモータ及びセンサの状況を把握し、次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向を調査する。

第2回の公開研究会では次世代自動車にも搭載されるEPS、センサおよび補機に必須のフェライト磁石についてご講演頂く。

 

主 催 :一般社団法人 未踏科学技術協会 磁性材料研究会21

日 時 :平成31年1月23日(水)13:30-17:00
場 所 :全日通霞が関ビル8階大会議室 
 (東京都千代田区霞が関3丁目3番地3号 TEL:03-3581-2261(代))

参加費 :無料

資料代 :2,000円

 
■プログラム(案)
 
13:30-13:35 開会のあいさつ
  「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」
調査委員会 委員長  東北大学 杉本 諭
13:35-14:35 「電動パワーシステム(EPS)とその自動化への応用」
  株式会社ジェイテクト  川原 禎弘
14:35-15:35 「車載用半導体および磁気センサの進化」
  株式会社デンソー  磯部 良彦
15:35-15:50 休憩
15:50-16:50 「高性能M型フェライトと車載モータへの適用」
  日立金属株式会社  小林 義徳
16:50-16:55 第2回公開研究会を総括して
  「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」
調査委員会 幹事    長崎大学 福永 博俊
16:55-17:00 閉会のあいさつ
  「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」
調査委員会 委員会運営委員  未踏科学技術協会   徳永 雅亮

※本公開研究会は、一般財団法人新技術振興渡辺記念会 科学技術調査研究助成による調査活動の一環として開催いたします。

 

問い合わせ先:
一般社団法人 未踏科学技術協会・磁性材料研究会21 事務局 (担当:金子)
          TEL: 03-3503-4681  Email: mmf-21@sntt.or.jp