研究会

磁性材料研究会21

イベント

一般財団法人 新技術振興渡辺記念会 調査研究
「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」

第1回公開研究会 「次世代自動車用駆動モータとセンサ」

【開催趣旨】

 xEVに代表される次世代自動車は地球環境対策車として位置付けられ、自己位置推定や物体検知技術の進展によって自動運転機能を確保しようとしている。一方で、現状の自動車においても永久磁石と中心とする磁性材料は車載デバイスに多用されている。本調査では次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向が主題である。磁性材料が次世代自動車用デバイスにどのように適用されて、その能力を発揮できるのかを調査する。

 第1回の公開研究会では次世代自動車に用いられる駆動モータの開発状況と自動車のエレクトロニクス化に必須のデバイスであるセンサについてご講演頂く。

 

主 催 :一般社団法人 未踏科学技術協会 磁性材料研究会21

日 時 :平成29年9月28日(金)13:30-17:00
場 所 :航空会館 2階 201会議室  (〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1 )

参加費 :無料

資料代 :2,000円

 
■プログラム案
 
13:30-13:35 開会あいさつ
  「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」
調査委員会 委員長  東北大学 杉本 諭
13:35-14:35 「磁気センサの適材適所(仮題)」
  東北大学 石山 和志
14:35-15:35 「日産自動車の電動化の取り組みと磁性材料への期待(仮題)」
  日産自動車株式会社 大木 俊治
15:35-15:50 休憩
15:50-16:50 「自動車用駆動モータ技術動向と磁性材料(仮題)」
  トヨタ自動車株式会社 滝澤 敬次
16:50-16:55 第1回公開研究会を総括して
  「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」
調査委員会 幹事    長崎大学 福永 博俊
16:55-17:00 閉会のあいさつ
  「次世代自動車開発に向けた磁性材料応用技術の開発動向」
調査委員会 委員会運営委員  未踏科学技術協会   徳永 雅亮
 

問い合わせ先:
一般社団法人 未踏科学技術協会・磁性材料研究会21 事務局 (担当:金子)
          TEL: 03-3503-4681  Email: mmf-21@sntt.or.jp