特別講演会


社団法人 未踏科学技術協会 特別講演会 ITイノベーションシリーズ第3回

「日本型スマートグリッドの開発」終了致しました

~再生可能エネルギー大量導入に向けた社会参加形の高効率電力制御技術~

講 師:小林 広武 先生 財団法人電力中央研究所システム技術研究所上席研究員

日 時:2010年 10月 1 日(金)13時45分~16時45分

場 所:総評会館 201会議室

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 tel 03-3253-1771(代)

(アクセス地図:http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

通信機能を持った人工知能搭載の電力系や制御機器等をネットワーク化することによって、発電設備から末端の電力機器までを通信網で接続し、自動的に需給調整が可能な電力系統を構築することで電力の需給バランスを最適化しようというのがスマートグリッドですが、太陽電池を初めとする持続可能なエネルギー源を有効活用するための系統連系の高効率化にも重要と見られるなど、様々な側面があります。再生可能エネルギーの全量買取制度が提案されている中、スマートグリッドは研究開発ばかりでなく、大きなビジネスチャンスを孕んでいると思われます。

今回は、財団法人電力中央研究所でスマートグリッドの研究開発に力を注いでおられる小林広武先生にお願いし、世界的にも熱い視線が注がれるスマートグリッドの新しい動きを紹介していただこうと思います。是非、皆様のご参加をお待ちしております。


<< プログラム >>

13:45-15:55 【 講師講演 】(120分間、途中、10分程度の休憩を挟みます)

「日本型スマートグリッドの開発」

~再生可能エネルギー大量導入に向けた社会参加形の高効率電力制御技術~

講師 小林広武 先生 財団法人電力中央研究所システム技術研究所上席研究員

 

  1. (1)再生可能エネルギー大量導入時の電力供給・利用面の課題
  2. (2)スマートグリッドの概念と各国の開発動向
  3. (3)日本型スマートグリッドと開発課題
  4. (4)これまでの開発成果(需要家・供給者が一体となった運用方式など)と今後の課題

15:55-16:25 【 質疑応答 】(30分間、状況により多少の時間延長もあります)

16:25-16:45 【 名刺交換 】(20分間、状況により多少の時間延長もあります)

[プロフィール]

小林 広武 先生(KOBAYASHI Hiromu)

1982年3月 北海道大学工学部電子工学専攻修士課程修了。
同年4月(財)電力中央研究所入所。
現在、システム技術研究所 需要家システム領域 上席研究員。
これまで、太陽光発電の系統連系技術、需要地系統技術など、分散形電源の導入拡大に対応するシステム技術の研究開発に従事。1995年より1年間 米国テキサス大学客員研究員。2001年、東京農工大より博士号(工学)を授与。


<< 申込み方法 >>

参加費:
  協会会員: 5,000円 (未踏科学技術協会 会員)
  協会準会員: 6,500円 (未踏科学技術協会 特定研究会* 会員)
  一般: 9,000円 (上記会員以外)
 

当日会場受付でもお支払い可能です。

*…超伝導科学技術研究会、エコマテリアル・フォーラム、「生命をはかる」研究会、SPEED研究会


<< 会場案内図 >>

総評会館地図
  • 最寄り駅 
  • 東京メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅 B3出口 より 徒歩0分
  • その他の路線(駅):右図をご参照下さい
  • 丸の内線(淡路町駅)・都営新宿線(小川町駅)をご利用の場合は、地下道を通り、千代田線 B3出口までおこし下さい。 ※B3a出口は、違う方向に出ますのでご注意下さい。
  • JR御茶ノ水駅からは聖橋出口より徒歩5分程度です。

  • 総評会館
    〒101-0062  東京都千代田区神田駿河台3-2-11 
    TEL:03-3253-1771(代))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お申込・お問い合わせ先

社団法人 未踏科学技術協会

〒150-0001 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6階

TEL 03-3503-4681 FAX 03-3597-0535

E-mail:mitoh-sws@sntt.or.jp